麻酔の補助としての役割を持つメディカルアロマ

治療中に使われる麻酔は、患者さんが緊張状態だと効果が薄くなってしまったり、麻酔の効果が出るまでに時間が必要になる場合もあります。患者さんの興奮状態が続いてしまったせいで、麻酔の効果が早く切れてしまい、困った事態に陥らないための対処法を求めている医師も多いです。どうにかして患者さんに落ち着いてもらって、麻酔の効果を改善したいという時に、メディカルアロマのリラックス効果が求められています。麻酔を注射する前にアロマセラピーの香りを堪能してもらい、落ち着いた状態で治療を始められる事が、医師にとっても大きなメリットになります。患者さんの緊張状態を緩和出来るおかげで、治療中に患者さんの身体の震えなども抑えられて、治療を行いやすくなったと感じる医師も少なくありません。メディカルアロマの知識を得るために、改めて勉強を始めたという医師もおられます。

精油を使ったメディカルアロマテラピー

アロマテラピーという言葉は多くの方がご存知のことでしょう。しかし、そのアロマテラピーには大きく分けて二つの種類があることを知っている人はそう多くないかもしれません。二つというのは「イギリス方式」と「フランス方式」という区分で、イギリス式は私達が良く知っているもので、ハーブ等の植物の香りを楽しむことによってリラックス効果を得ようとする方法です。もう一つのフランス方式は「メディカルアロマテラピー」とも呼ばれており、代替医療のひとつとして行われています。その起源は、フランスの化学者が実験中に負ってしまった火傷を治療するために、ラベンダーの精油を使ったところ顕著な回復効果が得られたことから、研究が始められたところにあります。日本でもメディカルセラピーを教えている学校やメディカルアロマの資格も存在しており、多くの人々がこれを学んでいます。

メディカルアロマの検定

アロマテラピーには、花やハーブの香りによってリラックス効果を得るイギリス方式と、同じく植物を使いながらも代替医療として行われているフランス方式の二種類が存在しています。ランスにおいては、アロマの精油を用いた治療に対して保険が適用されています。日本においては保険の適用は受けられないのですが、メディカルアロマに関する認識は徐々に広まってきており、専門のスクールも存在しています。またメディカルアロマについては、国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟、通称IFPA(イフパ)と呼ばれる組織や、日本アロマセラピー統合医学協会など、いくつかの機関が検定や認定制度を設けており、そうしたところで専門的な教育を受けることもできるようになっています。医療や介護の分野においても、メディカルアロマを取り入れて始めているところもあり、今後の普及に期待がかかっています。

Comments are closed