みんなのメディカルアロマ徹底館

役立つ情報を数多く掲載!メディカルアロマについての詳細を御紹介!

メディカルアロマは、医学的にも十分に効能が検証されているものとして、ここ数年のうちに全国的に話題となることが増えています。特に、美容サロンやスポーツジムなどにおいては、こうしたタイプの施術が揃っていることもあり、生活の中で疲れを感じている現代人にとって、大きなチャンスとして扱われています。メディカルアロマの効果の現れ方には、個人差に左右されるところが大きいとされ、まずは専門的な知識を持つスタッフに相談を持ち掛けることが肝心です。現在のところ、人気のサロンなどのアロマテラピーを希望する利用客の増加について、度々メディアでピックアップされることがあります。こうした施術の重要性について少しでも関心があれば、健康上の問題の解消法を早いうちから抑えておくことが大きなポイントとして位置付けられています。

開業のためのメディカルアロマの関連資格

一般的に広く知られている植物の香りによって心を安らげるアロマセラピーは、イギリス由来の方式です。アロマセラピーにはもうひとつメディカルセラピーと呼ばれる、代替医療の役割を果たしているフランスに由来するものが存在しています。これは純度とグレードの高い精油を用いることで、医療効果を出すもので、フランスおよびベルギーにおいてメディカルセラピーには保険が適用されています。日本においても、徐々にその認知度が高まりつつあり、現在では医療機関や介護現場等においてメディカルセラピーが取り入れられるようになってきました。メディカルアロマの資格を取得して開業を目指す人も多くなってきています。ただ現在のところ統一された国家資格や検定はなく、いくつかの民間団体によってそれぞれが認定や検定を行っているという状況となっています。

今後の広がりが期待されるメディカルアロマ

アロマセラピーという言葉自体は、日本においても広く周知されています。しかし、その内容の殆どが「イギリス方式」となっています。これはハーブの香りによって心身をリラックスすることで癒しの効果を得るという方法で、実はアロマセラピーにはもうひとつ「フランス方式」というものが存在しています。これは簡単に言えば、代替医療を目的としたメディカルアロマです。主に純度の高い精油を使って医療効果を出すことを目的としており、フランスでは保険の適用が可能な代替療法となっています。日本においてはまだ知名度は低いものの、医療や福祉の現場で試験的に取り入れられ始めており、また鍼灸や整体院においては、トータルケアのひとつとしてアロマセラピーを学んでいるというところが多くなってきました。またメディカルアロマの資格もいくつか存在しており、それを教えるための専門スクールも出てきています。