みんなのメディカルアロマ徹底館

役立つ情報を数多く掲載!メディカルアロマについての詳細を御紹介!

メディカルアロマという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。今や日本で幅広く使われているアロマテラピーとはまた別です。メディカルアロマはフランス式アロマテラピーになり、対症療法のような特徴を持っています。フランスでは薬扱いの精油。もし体調の不具合などありましたら、取り入れてみてはいかがでしょうか。ジャスミンには精神を落ち着かせてくれる作用があります。眠れない時は、ジャスミンの精油をアロマポットに数滴落とすと、その香りが徐々に眠りに導いてくれるでしょう。寝る30分前にラベンダーオイルを土踏まずに塗りこみます。ラベンダーのリラックスさせるという作用が働いていきます。よりリラックスしたいと考える方は足裏をゆっくり揉んで、気分が良くなってきた所でゆったりと体を横にすれば、そのまま自然に眠れることでしょう。

医療分野でメディカルアロマの効果が注目されている

日本では、西洋医学に対して東洋医学が見直されています。漢方薬を併用する治療法が、行われる病院が注目されています。一方ヨーロッパでは、漢方薬に対してハーブが身近な存在として、漢方薬のように使用されてきました。特に、フランスやベルギーではかなり以前から、ハーブを使ったメディカルアロマが一般的な治療法として確立されてきました。日本では、今までアロマテラピーとは、リラクゼーション効果があるとされてきました。それは、日本に最初に入ってきたのがイギリスからだったからです。最近になって、リラクゼーション効果だけでなく、ゆるやかに人間の治癒力を引き出すメディカルアロマの効果が、様々な医療分野で活用されてきています。具体的な診療科目でいうと、心療内科や精神科では、うつ病の症状改善などや皮膚科でのアトピー性皮膚炎の治癒などに効果があるようです。

メディカルアロマのストレス軽減効果が注目される

身体にストレスを抱えてしまっている状態は、怪我の治りが遅くなってしまったり、イラつきによって睡眠不足に陥る可能性を高めてしまいます。少しでも怪我や病気の治りを早くするためにも、ストレスの軽減は必要不可欠な事だからこそ、メディカルアロマが医療の現場でも注目されるようになりました。人間が本来持っている治癒力を高める事を目的に、ストレス軽減効果などを中心にしたアロマテラピーを、医療の現場が活用している事が多いです。入院中の方々が眠れなくて困っている際に、睡眠薬ばかりを処方していても、患者さんの身体に負担をかけてしまう事になりかねません。自然な感覚で眠りにつけるようにするためにも、メディカルアロマが持っている効果が期待されており、身体への負担の少なさでも喜ばれています。メディカルアロマを扱える人材の需要も高まっていて、私生活でも役立てられる知識を得ようとして、アロマの勉強を始める人も増加中です。